何で脇は黒ずむの?色素が沈着する仕組みとは?

 

基本的にメラニン色素を生成する一番の原因は
紫外線が体内に入らないようにするためです。

 

紫外線とはガンやシミ・そばかす、脇の黒ずみをはじめ、
悪影響しか及ぼさないと思われがちです。

 

ですが骨の生成に必要なビタミンDの生成に必須で、
まったく体に浴びないと骨粗しょう症等の深刻な病気になってしまいます。

 

紫外線は皮膚内に侵入し、DNAや細胞を損傷させるなどの作用を起こします。
その防御策としてメラニン色素が大量に生成され、有害な紫外線を吸収していくんです

 

つまり美容に大敵なはずのメラニン色素は、
実は紫外線からあなたの体を守ってくれているということです。

 

メラニン色素を作るメラノサイトという機関ですが、
メラノサイト自体にはメラニンをたくさん蓄積する機能はなく、
周囲の肌細胞にメラニンを拡散させ、メラニン色素を蓄積していきます。

 

ですから、シミやソバカス、脇の黒ずみなどの色素沈着は、
刺激を与えれば与えるほどメラノサイトが活性化され増えていきます。

 

例え、メラニン色素が生成されて、メラニンが皮膚に沈着してしまっても、
新陳代謝がきちんと起きている限りは大丈夫です。

 

メラニンが色素沈着している古い皮膚が押し出され、新しい皮膚へと入れ替わります。

 

すると、シミもそばかすもvioラインや脇の黒ずみも綺麗になくなっていくんです。

 

 

新陳代謝が減ってくると色素沈着も起こしやすくなってくるので、
年齢に応じて代謝を促してやる必要があります。

 

>>自宅で出来る黒ずみケア!脇の黒ずみ解消に人気のかけ算レシピはこちら